モチョモチョと短文をかくところ。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
2005年 就職活動
2005年総括その2、就職活動編。

 まぁ、一言でまとめると。

 「思い出したくもない」。

 だけど、さすがにこれを書かずして今年は語れないと。
 2〜4月に、公務員試験勉強の合間を縫って合同説明会やら企業説明会やら筆記試験やらに参加し。

 説明会に出席してる大量の人に酔い、自己分析のしようのない自分に直面し(自分のことはよーくわかっているのだけど、会社に言えるようなことじゃない、と、その当時は思った)、なんとなく、就職活動の雰囲気だけ味わい、4月の終わりに公務員試験に集中しようと民間の活動を休止。


 なんたる中途半端。就職部の言う、一番ダメダメなパターン。

 「民間と公務員の併願はムリ!」と就職部は言う。

 もちろん、どっちも中途半端になって共倒れになって卒業後プーになるから。

 でも、いくら就職部の大人や先輩が口をそろえて「ムリ」と言っても、痛い目見なきゃムリってのがわからない人もいて。(私とか、私とか・・・)

 だから、来年も再来年も、同じ過ちを繰り返す学生はたくさんいるんだろうなぁ・・・

 公務員試験は生半可な気持ちで受けるとやけどするからなぁ・・・



 7月の道職員中級で、アッサリ公務員をあきらめ、民間に切り替える。

 でも、やってみたいと思えた数少ない業種は、どうも面接が通らない。

 合同説明会でちょこっと話を聞いて、ちょこっと受けてみたところは、トントントンと最終面接まで進むけど、親とか昔それをやっていた友達に「絶対ヤメロ!」と言われ、自分も企業が言ってない仕事の実態を知って、辞退。

 おそらく、最終面接を受ければ受かっていただろうけど、8月で就活やめてパラダイス学生生活を送れていただろうけど、来年泣きをみてたと思う。


 9月の後半から10月はじめにかけて、持ち駒とやる気をなくしてバイト以外何もしない生活を送る。

 10月の終わりになり、かなり危機感を覚え、かなりがんばってダメ人間生活から脱却し、再度就職活動開始。

 正直、これで持ちゴマ尽きて、時間経ったらもう就職活動は再起出来ないだろうと思った。

 実家かえって、バイトしながら何か資格とって、再来年くらいにまた就職活動しようかと考え、私の状態を心配した親からもそう勧められる(そんなにヤバい状態に見えたらしい)。


 そんなこんなで、半ばヤケ状態で受けた企業のうちの1つから、内定をいただく。

 その面接。1回ポッキリ5分程度の面接だったのだけど、志望動機も自己PRも聞かれず、履歴書から「気になる事項」よりも「面白そうな事項」を聞かれる。

 何で受かったのか、今でもナゾ(笑)

 事前にかなり信憑性のある噂で、「ここは今年女の子採らない」と聞いてたのに。

 内定の理由として考えられるのは・・・


 1 ロシア留学など愉快な経験が評価された

 2 その企業が基盤としてる地方出身だから

 3 終始ギリギリの笑顔を保っていたから

 4 男だと思ったから(スカートはいてたハズなのだが)

 5 その他

 

 まぁ、ちゃんとした企業だし、なんだか面接の感じでは面白そうな企業だし、問題なし。


 春から合計して、筆記だけでも受けた企業は14。そんなモンでしょう。


 しっかし、読み直してみると、いまだかつてなく、抽象的かつ暗い文章だなぁ
20:27 ことしのまとめ comments(0)
スポンサーサイト
20:27 - -
comment

message :