モチョモチョと短文をかくところ。
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
噂の李朝園オフ 2
1月19日、19時27分。

midoを乗せた、上野行き北斗星4号が、定刻通り、発車…しない。


10分遅れで発車。

 

B寝台の一人用個室。2階の部屋だったので、天井が丸い。1階の方が天井が高くて、広く見えるけど、振動が直に来るから、どっちがイイやら。A寝台の個室は、机と椅子が付いてて、ちょっぴり豪華。



ただ、不満といえば、コンセントがないこと。寝台に乗ったら携帯を充電しようと思っていた私。デッキにある洗面所で充電を目論むも、デッキの寒さと揺れで、ロクに滞在できず。ちょっと辛かった。



この日は北海道、大雪。しかも、人身事故があったとかで、函館の時点で1時間近く遅れが。青函トンネルを抜けた頃、就寝。

翌朝起きたら、まだ仙台の手前。あれよあれよという間に遅れは90分に。

横浜で待ち合わせ予定のkisshさんに、「遅くなるー」と連絡し、快晴の東北の朝の風景を楽しむ。ほとんど雪がないのにはビックリ。日本海側だとモッサリあるのだろうけど。

結局90分遅れで上野に到着。東京駅から東横線東海道線に乗ろうとすると、これがまた事故だかなんだかで止まってる。なんとなく、間が悪いというか、何か悪いものが憑いてるような、そんな感じ(翌日は雪だったし)。


なんだかんだでかなり遅くなったけど横浜に到着。kisshさん夫妻と合流し、中華街に連れて行ってもらう。



まず、ご飯に江戸清の豚マン。500円するだけあって、デカイ。でも、ジューシーなお肉がたくさん詰まってて、コレ一つでお腹いっぱい。

高そうな中華料理の店やら、お土産屋さんを見ながら、ブラブラとお散歩。



関帝廟。廟のくせに、とっても派手。

ロシアにも極彩色の建物はあったけど、ここまでじゃなかった。

恐るべし、中国。




お次は元町や外人墓地。オサレな商店街を歩いたり、やたら急な坂道を頑張って登ったり。墓に言うのも変な言葉だけど、やっぱり外国風な墓はカッコイイし、ムードもある。

お茶した、山手十番館。カワイイ外見、中身はオトナっぽい喫茶店。美味しいケーキとミルクティーをいただく。



この辺の界隈、とってもオサレだったり高そうな家があったり、観光地でなければ恐れ多くて足を踏み入れなれない雰囲気(笑)いつか、この辺に住んでやるー!


その後、港の見える丘公園(kisshさん曰く、港の見えない丘公園)や山下公園という、夏の間はカップルの見本市となるような公園を見学し、赤レンガ倉庫へ。

中に、面白い家具や雑貨の店がたくさん。見た目も夜になるとロマンチックーで、いい感じ。ここから見る夜の海はキレイ。


次は観覧車。巨大な観覧車が街の中にドーン!とあるのにはビックリ。ついでにいうと、街の中に遊園地があるのにビックリ。ちょっと乗るのはお金がかかるけど、横浜の夜景がグルーっと見回せる。乗るなら夜ですな(笑)


で、晩御飯はkisshさんのブログにも出てくる「スワガット」へ連れて行ってもらう。

インドの宮廷料理のお店だとか。

ほうれんそうのカレーとか、マトンのカレーとか。これを、ナンにつけていただく。ちょっぴり辛いのもあったけど、とってもコッテリしてて美味。

ナンがまた美味しくて、市販のナンしか食べたことない私は巨大さに驚き、熱々のナンの、しっとりもっちりした食べごたえに驚く。ほうれんそうのナンはしっかりほうれんそうの味がしたし、チーズのナンも、チーズが糸引いて。ナンだけでも充分食べれる!

お腹一杯大満足で、その日はホテルへ。

 

北斗星+帰りの飛行機+どっかのプリンスホテルというパックだったので、品プリに宿泊。安い本館のシングルで予約を入れておいたが、いざフロントへ行くと、

「部屋が空いてるので、お値段そのままで新館の広い部屋に泊まってイイヨ」と。

うひょー、ラッキー☆と、いそいそと新館の広い部屋とやらに行くと、広いも何も、ツインだし!日ごろの行いがいいからですな。

おそらく、高校の修学旅行で泊まったのもここだったんだろうな〜と思いつつ、就寝。

kisshさん、奥様、大変お世話になりました!

ちなみに、アルダーとmidoのラブラブデート編はコチラ。


---------------------------------

おまけ。

22日は、寝坊して11時頃にチェックアウト。そんなに帰りの飛行機まで時間がないため、なんか行きやすいところを探した結果、汐留に行くことに。

デンツーとかのビルを見上げ、デカさを堪能し、もともとテレビを見ない私がテレ東の次に見ない局・日テレのお店に入って見る。

ここで、母ご所望の人形焼(笑点バージョン)と、笑点のストラップ(父にもらわれていった)を購入し、汐留ラーメンとやらを食べてみる。

なんか、魚系のコッテリラーメンのようで。たしかにスルメっぽいカホリ。最初アッサリ・後から魚系のコッテリした味が来るスープ。魚以外の魚介類が食べれない私にはキツイかと思いつつオーダーしたけど、案外イヤじゃなく、美味しく食べれる。

で、フラフラして、羽田へ。で、寝て起きたら無事新千歳。

次はカシオペアを使おう・・・と思いつつ、旅日記、終わり☆

21:16 くうぐん comments(0)
スポンサーサイト
21:16 - -
comment

message :